土地家屋調査士の仕事って?

回答者 土地家屋調査士 福田 憲太郎
回数号数内容
72平成29年8月号境界を決める方法の種類
71平成29年7月号土地家屋調査士の仕事って?C
70平成29年6月号土地家屋調査士の仕事って?B
69平成29年5月号農地について
68平成29年4月号土地家屋調査士の仕事って?A
67平成29年3月号建物が登記できる基準とは
66平成29年2月号建築基準法上の道路とは
65平成29年1月号境界杭、図面がない場合のリスク
64平成28年12月号建物図面と各階平面図
63平成28年11月号住所などに関すること
62平成28年10月号未登記の建物を相続したら
61平成28年9月号地積測量図とは
60平成28年8月号土地区画整理とは
59平成28年7月号オンラインによる登記情報の取得等について
58平成28年6月号分筆での全地求積と残地求積
57平成28年5月号区分建物について
56平成28年4月号筆界特定制度について
55平成28年3月号地図に準ずる図面について
54平成28年2月号公図の信ぴょう性について
53平成28年1月号境界の立会とは
52平成27年12月号測量って
51平成27年11月号公図について2
50平成27年10月号公図について
49平成27年9月号土地の合筆登記の地番について
48平成27年8月号土地の時効取得について
47平成27年7月号袋地について
46平成27年6月号国土調査とは 2
45平成27年5月号国土調査とは
44平成27年4月号分筆業務2
43平成27年3月号分筆業務
42平成27年2月号地券について
41平成27年1月号住居表示と所在地番の違い
40平成26年12月号建物の敷地が公共用地にまたがって建っていた場合について
39平成26年11月号開発などに関する知識について
38平成26年10月号土地家屋調査士を利用する方法
37平成26年9月号古い時代の地積測量図
36平成26年8月号土地区画整理事業について
35平成26年7月号境界と時効取得について
34平成26年6月号境界の種類について
33平成26年5月号世界測地系座標
32平成26年4月号分譲マンションと賃貸マンションの登記の違い
31平成26年3月号測量の種類について
30平成26年2月号建物の滅失申出って?
29平成26年1月号土地家屋調査士と司法書士・不動産鑑定士との違い
28平成25年12月号双方の同意によって境界を動かすことができるか?2
27平成25年11月号不動産登記法上の建物の階数について
26平成25年10月号土地の交換について
25平成25年9月号建物の変更について
24平成25年8月号土地家屋調査士の人口って
23平成25年7月号双方の同意によって境界を動かすことができるか?
22平成25年6月号ADR(裁判外紛争解決手続)について
21平成25年5月号未登記建物の相続について
20平成25年4月号法務局に備え付けられている地図について
19平成25年3月号区分建物って
18平成25年2月号住宅ローンと土地家屋調査士
17平成25年1月号相続人から行う登記について
16平成24年12月号法務局の備付地図、公図、字図について
15平成24年11月号建物滅失登記
14平成24年10月号土地の境界について
13平成24年9月号以前あった境界の杭を復元するには?
12平成24年8月号地積測量図って?
11平成24年7月号土地の合筆と禁止事項
10平成24年6月号家の敷地内に別の建物を建てたら?
9平成24年5月号分譲マンションの土地の所有権は?
8平成24年4月号境界損壊罪とは?
7平成24年3月号土地の払下げって?
6平成24年2月号問題がある土地とは?
5平成24年1月号建物の種類って?
4平成23年12月号土地の地目って?
3平成23年11月号土地地積更正登記
2平成23年10月号分筆登記(ぶんぴつとうき)
1平成23年9月号(創刊号)土地家屋調査士の仕事って?@
*記載内容に関しまして、一切責任は負いませんので、ご容赦下さいませ。

福田土地家屋調査士事務所
土地家屋調査士 福田 憲太郎
福岡市対馬小路4-1-101
TEL092-263-5051 FAX092-263-5041
HP: http://www.tochi-con.jp

このページのトップに戻る